« オークション同時多発詐欺続報 | トップページ | 同時多発ヤフオク詐欺その4・警察に行ってきた »

2005.06.18

同時多発ヤフオク詐欺、第3報

すさまじいです。この一週間。
途中で記すことになると思いますが、既に、

・盗用されたID:9(05/06/18 16:00現在)
・被害者数(推定):数百名(400~500名程度か?)
・被害総額(推定):数百万円(400~800万円程度か?)

であることが皆さんのご協力により判明しています。

かなり大がかりなことになってきました。
もし犯人が捕まったら、報道されることになりそうなほどです。


○小生が被害を受けた詐欺師の情報

盗用ID:oga_miki_7
 〒543-0001
  大阪府大阪市天王寺区上本町(以下略)
  高谷 和人
TEL 090-6665-1***
銀行名  UFJ銀行
支店名  上本町支店(ウエホンマチ)
口座種類  普通
口座番号  4705***
口座名義  タカタニ カズト

被害者数のべ45名
被害額合計\494,872

現在連絡の取れている被害者数:19名


○その他、同一犯と思われる盗用されたYahooID

katsu_1976
coccodrillo2493677
emiry_ko
carpcarp_2000
oga_miki_7
tosashikayu
taka4562001
scopar_v
a23430jp


○経緯続き

6/14(火)このブログを見た方から、同一犯と思われる人物が別のIDでも詐欺をはたらいている、との情報あり。
     調べてみると、携帯番号が同じだったり、名前も住所も同じだったり…。
     実はこの詐欺は、かなり大規模な犯罪であることが判明!!
     IDを盗用された被害者の一人からもメールあり。かなり困惑されていて、気の毒。ともに頑張ろうと励まし合う。
     某友人(郵便局勤め)からアドバイスメールあり。内容証明郵便の返送までの期間に関して。
     待っているだけでは時間がかかるから、郵便局に電話しなさいとのこと。電話番号も教えてくれた。かなり助かった。
     被害者のみんなに、個別の返事を書いていなかったので今日のメールはそれが中心。

6/15(水)今週は毎日出張なのでなかなか昼間に時間がとれないし、PCも使えないので困る。
     とりあえず、休憩時間に天王寺の郵便局に電話。住所と氏名を確認。
     折り返し電話が入る。住所は存在するが、居住者までは分からないとのこと。やはり返送は遅くなりそう。
     Yahooから、前々日に出した
     「自分が内容証明を出した場合、他の被害者も補償制度を受けるのに内容証明がいるのか?」
     「今回の詐欺の重要な証拠となるからIDやオークションデータを消さないでほしい」に対する回答。
     内容はきわめて事なかれ主義、第三者的立場、不誠実で頭に北半球。
     (後者の答えの要約)「しらねーよ。消すかどうかの権利はこっちにあんだよ」
     前々からソフトバンクのユーザーサービスの悪さは話に聞いていたが、これほどとは。
     被害者のみんなに本日のまとめをメール。もはや日課。毎日長文を書くのは疲れる。
     ていうか何でオレがこんな目に遭わなければならないんだ!!ヽ(`Д´)ノ(そういう性格だからです)

6/16(木)改めて郵便局に電話。「自分の出した内容証明はどうなっているか?」
     回答:「住所は存在。不在だったので、不在届けをおいてきた。表札は無し」とのこと。
     予想通りの回答。この分だと、不在のままで、結局こちらに返送されてくるであろう。
     そんなに待っている余裕はないので、改めて警察に電話。
     「内容証明が戻ってくるまで待てとのことだが、これこれの理由で戻るまで時間がかかる」
     「Yahooの補償制度を受けるのには被害届受理番号が必要なんです。締め切りが迫っています」(←ややハッタリ)
     と痛切に訴えたら、じゃあ来て下さいと言うことで、土日を希望したら日曜日に行くことになりました。
     以上のこと、その他(ここには書けないこともあったりします、もちろん)をみんなにメール。

6/17(金)なんと、詐欺オークションの出品記録が消されていることが発覚!(参照
     Yahoo許すまじ!小生は既に保存・印刷していたからいいものの、これから被害届などを出そうとする人がいるのに、
     しかもYahooに補償制度を申請すること自体に落札ページが必要なのに、何を考えているのか!?
     Yahooの「我々は場所を提供しただけ。トラブルは知らないよ」の態度に腹が立つ。
     (まあ、かなりの面で自己責任であることも否定はできないが、オークションで実際に金まで取っているくせに、
     この対応はいくらなんでもないだろう。)

     それにしても、補償制度までのハードルの高いこと…。内容証明郵便の発送、警察への被害届、そして制度審査など、
     乗り越えることが多すぎる。家族が手伝ってくれたりしないと、ふつうの人は時間が無くてなかなかそこまでできないよ。
     実際、もうあきらめたという人も出てきたし…。なんだか、やるせない思いになります。

6/18(土)今日は明日の警察への出頭(単語が違う?)に向け資料の準備中。
     とにかく、自分の被害もそうであるが、大規模な詐欺事件と化していることを積極的に訴えるための資料作り。
     しかし、明日は日曜なので当直の方が相手していただける予定なので、あまり時間をとってくれない可能性も。
     その場合は平日に振り替えるつもり。

こんな感じで動いています。
実際には、仕事や家族サービスの合間を縫ってやっていることなので、正直疲れますね…。家族にも申し訳ないと思うし。

でも俺は、自分の脇が甘かったことへの反省、被害者が多数いることへの義憤、犯人への強い怒り、などがあるのでまだまだやれるところまでやるつもりでいます。被害届提出・補償制度申請だけでは終わりませんぞ?

|

« オークション同時多発詐欺続報 | トップページ | 同時多発ヤフオク詐欺その4・警察に行ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同時多発ヤフオク詐欺、第3報:

» UFJ銀行 [銀行の知識]
UFJ銀行UFJ銀行(ユーエフジェイぎんこう、''UFJ Bank Limited'')は、日本の金融機関で、都市銀行に属する。4大メガバンクの1つ。登記上の商号は株式会社ユーエフジェイ銀行。本店は愛知県名古屋市中区 (名古屋市)|中区にある名古屋営業部(実質的な本社機構は東京都千代田区大手町の東京...... [続きを読む]

受信: 2005.07.07 18:02

« オークション同時多発詐欺続報 | トップページ | 同時多発ヤフオク詐欺その4・警察に行ってきた »