2008.08.05

蘊蓄話①ガソリン税のおはなし

巷で話題のガソリン税。小生は道路特定財源維持、暫定税率見直しが持論です。

昨年度末から今日に至るまでの「ガソリン狂想曲」。小生から言わせれば実に軽佻浮薄なものでした。何故って、「そもそも論」が全く議論になっていないからです。この問題はそもそも、「何故ガソリン税が存在するのか」から議論しなければいけない問題なのです。

考えても見て下さい。現代は消費税という間接税が存在していますね。食料品、日用品、その他商品には全て消費税が課せられます。それ以外の税金はかかりません。しかし、ガソリンは違います。ガソリン税という、消費税とは別個な間接税が掛けられています。同じ様に例えばお酒には酒税、たばこにはたばこ税が課せられています。

なんで、このような別個の間接税が課せられているのでしょう?
みなさん、ガソリン税というものの存在を認めた上で(当たり前とした上で)議論していませんか?

端的に言えば、お酒やたばこは「嗜好品だから」という名目で課せられています。ではガソリンは…?

話は戦後間もない頃までさかのぼります。荒れ果てた日本。当然、復興させなければなりません。日本を復興させるには、まずは道路交通整備をしっかり行うことが不可欠です。その為には当然、財源が必要となります。しかし、その頃はまだ道路整備に回すまでの財源が足りなかった。そこで、「そもそも道路は自動車が走るところ」「自動車は贅沢品である」という理由から、ガソリン税(正確には揮発油税)が課せられることになりました。昭和24年のことです。

当然、自動車業界や石油業界、そしてもちろん国民も反発しますが、「まあ政府の言うことも一理あるし、道路がなければ車も走れないんだから、道路特定財源と言うことであれば我慢しよう」と言うことで、渋々呑んだのです。

その後、ガソリン税率は道路整備に応じて、徐々に引き上げられていきます。そして昭和49年。本則税率は28.7円/Lでしたが(これは今も同じ)、道路整備5カ年計画が施行され、それと共に、今話題の「暫定税率」が導入されることになりました。その暫定税率も徐々に引き上げられ、現在の 25.1円/L、トータル53.8円/Lとなりました。自動車業界も、石油業界も、ユーザーも、道路整備のためなら仕方ない、と言うことで嫌々ながらも渋々我慢し続けたわけです。

そこへ来て、昨年国会のねじれ現象が発生し、早速暫定税率が本年3月末で期限切れになることから矢面に立てさせられました。

第一の争点は「一般財源化」。確かに、名目は一般受けしそうな案でしょう。しかしながら、上記に書いた経緯を顧みて下さい。これはもう、ふざけんなと。自動車業界、石油業界、ユーザーは、よりよい交通網のためにと言うことで今まで渋々高いガソリン税を我慢して支払ってきたんだと。それを一般財源化するとは何事だ。筋を通せ!と言いたくなるわけです。
一般財源化すると言うことは、そもそもガソリン税の存在理由が無くなるのです。一般財源化するのではなくて、だったらガソリン税を無くすことが筋なのです。(まあ、ハイオクは高級品かつ嗜好品なので課税しても良いかもしれませんが(笑))それで財源が足りないのであれば、消費税を上げればいい。それこそ筋の通った政策でしょう。でも、今の財政ではそんなこと出来るわけがない。だとすればやはり、「道路特定財源維持」こそが筋を通していると思います。

第二の争点は「暫定税率撤廃」。確かに、今の暫定税率を含めたガソリン税は高額です。これは見直す必要があると思います。しかしながら、撤廃はやり過ぎです。以前の日記にも書きましたが、道路特定財源は実は余剰分が存在しているのです。その余剰分ぐらいは、暫定税率を下げても良いかと思います。小生の試算では、本年度の暫定税率は約10円/L程度引き下げることが出来ます。これでも結構恩恵を受けることが出来るでしょう。

以上が一般財源化と暫定税率に関する小生の持論です。

ただし勿論、改善すべき課題は山ほどあると思います。
最も重要なのは道路特定財源は、財務省ではなく、国土交通省の管轄に置かれると言うことです。財務省は予算に対して厳しいですから、道路特定財源についてもその試算の根拠と妥当性を厳しく追及されます。しかしながら、国土交通省の管轄である限り、財源は国交省の良いようにされてしまいます。これが「無駄遣い」の元凶なのです。
だから、道路特定財源といえど、その管轄は財務省に移管し、国交省は適切な道路整備計画を作成し、それを財務省に提示し、その上で税収を求める、これが理想型であると思います。

やれ天下りだの何だの感情論に陥らず、冷静に、本質的な所からから語りましょうよ。

(mixi4/30日記から転載)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.01.16

また朝日新聞の左翼プロパガンダか!

最近報道されるようになった「安倍・中川両議員のNHK介入」問題、面白いことに気がつきませんか?

初めは「NHKの幹部が両議員に呼ばれ、圧力が加えられ、結果番組が改編させられた。」と言うことが問題視されていましたね。

しかしその後、安倍氏が幹部に会ったのは放送日前日で、安倍氏側から呼びつけたのではなくNHK側からのアポによるものであり、しかもその時点で放送内容は殆どできあがっていたことが判明。中川氏に至っては会ったのは放送後であることも判明。

じゃあこれで話は収まったかというと、NHK側から番組に関する説明のあった際に「公平にとコメントしたこと」が問題だ!!になっていませんか。いつの間にか論点がすり替わっていますね。

要はこういうこと(2ちゃんからコピぺ)

         ∧∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        _(゚Д゚ )  < 安部、中川両氏がNHKを呼びつけ改変の圧力をかけた!
         |  )   \____________
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
    ∧_∧    / /|
  /_(  , ;)_/ / ┌─────────────────
 || ̄/    )~ ||/  < 私は呼び出してないし、中川氏が会ったのは3日後ですが・・
 ||, (_○___ ) ||    └─────────────────

         ∧∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        _(゚Д゚ )  < 呼び出さずとも放送前に意見を言うと圧力になる
         |  )   \_放送法にも違反してる疑いがある
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
    ∧_∧    / /|
  /_(  ,, )_/ / ┌─────────────────
 || ̄/    )~ ||/  < 放送法には公正な放送をすることとありますが・・・
 ||, (_○___ ) ||    └─────────────────

                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ∧ ∧  < 権力のある政治家だから発言は慎重にお願いしたい
         (゚Д゚ )__ \問題なのは放送前に政治家に伺いをするようなNHKだ!
     / ̄ ̄∪ ∪ /|  \_____________________
   /∧_∧   //|
  /_ ( ´∀`;)_// ┌─────────
 || ̄(     つ ||/  < なんて言えば良かったんだよ・・
 || (_○___)  ||   └最初と言っていることも違うし・・・

すなわち朝日は捏造で火を付けたわけだ。しかもその後、朝日新聞自身は急にトーンダウン。
何かおかしいと思いませんか?

今日のサンプロの田原に至っては「NHKが問題だ問題だ」と繰り返すばかり。
問題なのはむしろロクに裏を取らず報道した朝日新聞と、伝聞憶測に基づいて告発したNHKチーフプロデューサーの側だと思うんですがね。

ちなみに例の番組は、「女性国際なんちゃら法廷」という、昭和天皇を戦時強姦罪その他で有罪にしたまさに「法廷」とは名ばかりの極左反日団体の自慰的イベントを一方的に取り上げたもので、まさに「政治的公平」さが極めて疑わしい内容であったことも周知の事実。実際には、NHK局内で「流石にこれはやばい」という声が多く挙がって、自主的に編集されるようになったのが真相に近いのではないか。まあこれも憶測ですがね。

※ちなみにこの「法廷」(と言うより茶番劇)
 ・主旨に賛同する者しか入場できない
 ・被告(昭和天皇)には弁護人すらいない
 ・検事役には北朝鮮工作員が2名、名を連ねる
 ・「昭和天皇有罪」の判決の際は歓喜&ウェーブ&涙を流して喜ぶ人も
というまさに「トンデモ」なイベントだったそうな。

なんにせよ、拉致問題、教科書問題、靖国問題等の重要なこの年になってわざわざ4年前の事例を持ち出して急先鋒に立っている両議員(特に安倍氏)を叩いてくるあたり、むしろ陰謀めいたものを感じ得ない今日この頃。

この件に関しては下のブログが詳しいです。
http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/000429.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.10.04

拉致問題講演会@さいたまのお知らせ

以下の講演会が開催されます。
興味のある方、是非ご参加下さい。

題名 : 拉致問題を考える埼玉県民の集い
詳細 :
日 時:10月16日(土)午後6時半~8時半
会 場:埼玉会館小ホール
    (JR浦和駅西口下車・徒歩10分)
参加費:500円

第一部:記念講演
    講師 西岡力(救う会全国協議会副会長)
第二部:県民の集い
    飯塚繁雄さん(田口八重子さんの兄)
    藤田隆司さん(特定失踪者藤田進さんの弟)

主 催:北朝鮮に拉致された日本人を救出する埼玉の会
後 援:埼玉県・拉致問題を考える川口の会

(講師、発表者等は拉致問題の進展に伴い変更することがあります。予めご了承下さい。)

地図・アクセスは下記アドレス
URL : http://www.saf.or.jp/hall/saitama.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.22

タイでエビを釣る愚

今日の小泉首相の成果はいろんなところで評価されるのでしょうが、やはり最悪の結果だったでしょうね。

日本側から見れば、
・拉致被害者家族8人の帰国
・公認拉致被害者10人の消息確認
・特定失踪者の追跡
・核・ミサイル問題の追求

まあこの辺が課題だったわけですが、得られたのは家族5人のみ。
3人はまだ帰ってこないし、10人については調査しましょうという口約束だけ。
そもそも、誘拐犯に対して被害者を一緒に捜しましょう、というのはあまりにも本末転倒。
特定失踪者に関しては言及すらない。
核やミサイルにしたって言及(アドバイス的なもの)をしただけ。

これに対し、北朝鮮はと言うと、
・曽我さん家族3人、安否不明者10名、特定失踪者という対日カードを温存。
・人道援助に名を借りた食料援助を獲得。
・経済制裁不発動の言質を獲得。
・核・ミサイルについても開発を断念する意志を示さず。

明らかに金正日の完全勝利。会談後の満面の笑みもうなずける。
おいら、怒りを通り越して涙が出てきたよ…(´Д⊂
民主党は年金はどうでもイイからこの問題で小泉を叩きなさい(俺が許す)。

ちなみに明日の朝日新聞の社説は両手を挙げて歓迎
(小異を捨てて今こそ日朝正常化推進を、とか書きそー)、
読売・産経は批判的論調、と言ったところだろうねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.17

対比-小沢一郎と日本共産党

相変わらず年金魔女狩りには辟易しているのですが、今日は面白い対比がありました。

小沢氏が代表就任辞退 自身も6年間国民年金未加入(共同通信)
 民主党の小沢一郎代表代行は17日、自身に国民年金未加入期間があったことが分かったとして、新代表の就任を辞退することを決めた。
 国会議員に加入が義務付けられる以前の1980年4月から86年3月までの6年間が未加入だった。小沢氏は「これでは小泉純一郎首相の未加入問題を追及できない」と説明しているという。(以下略)


小泉首相の国民年金未加入「責任問わない」=強制加入前と後で区別を-共産党 (時事通信)

 共産党の市田忠義書記局長は17日午後の記者会見で、小泉純一郎首相の国民年金未加入問題について「国会議員になる前や任意加入の時期のことまで責任を問うことはしない」と述べ、責任追及しない考えを明らかにした。


はてさて、まともな見解を示しているのはどちらでしょうか。
任意の時に入っていなくても別に良いじゃん。
職を辞するならまだしも、なってもいない党首を辞退することがなぜ「けじめをつける」ことになるのでしょう?
小生には日共の言い分の方が明らかに正しいとしか思えませんですね。

全く、年金未納・未加入を政局にしようとするからこうなるんだ。
民主党は政権を取りたいのか、それとも
笑 い を 取 り た い の か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.14

「未納問題」という集団(マスコミ)ヒステリー

最近、「誰々議員が未納、彼々大臣が未納」などと言う報道が喧しいが、ハッキリ言ってうんざり。
これは、未納の議員に対してうんざり、ではなく、これでもかこれでもかと公人の年金納付問題をさも脱税などと同等な悪事の様に扱うマスコミに対してのうんざりだ。

これは評論家の三宅久之あたりも言っていることだが、そもそも年金未納なんて事は大した問題ではない。未納になっているのが閣僚経験者に多いことからも分かるとおり、問題なのはその制度の複雑さなのだ。官房長官辞任は公表の経緯に問題点があったこと、民主党党首辞任は年金問題を自ら政局にしようとした態度が弾劾された結果にすぎない。

(余談だが、野党が与党に対して年金納付状況を公表しろと言うのは、まさに自らの土俵に相手を乗せようとする非常に卑怯な態度であると言うことを付言せねばなるまい。野党は閣僚その他の経験に乏しいから、年金が未納になる可能性も当然低くなる。自ら公表という一見真摯な態度でありながら、実際の所は自分に有利な事柄を政局に利用しているにすぎない)

未納公人探しなどと言う不毛な議論からは一刻も早く脱却し、実のある議論をして欲しいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.07

靖国訴訟違憲判決-またも繰り返された下級審による愚かな司法判断

今日、福岡地方裁判所が総理大臣の靖国参拝を違憲であるとの判断を示した。
関連記事
原告側の損害賠償請求は棄却されたが、実質の原告勝訴と見て良い。

首相の靖国参拝そのものに関する是非については 小生のHP に記載したのでここでは繰り返さない。
しかしやはり、小生は法律家ではないので憲法判断に関して偉そうなことを言える口ではないにせよ、まずはこの判決自体に非常な欺瞞性を感じざるを得ない。

そもそも、この訴訟は民事裁判であり、首相の参拝で精神的苦痛を受けたとして(そんなわけねーだろ)提訴されているが、原告の思惑(目的)は損害賠償請求ではなく憲法判断を裁判所に行わせ、首相の靖国参拝を差し止めることにあったことは明々白々見え見えで白々しいも良いところである。
そのような裁判で、形式上、請求棄却という形で被告(政府)側勝訴の形を取り、被告側の控訴請求権を奪った上で(民事訴訟で請求が棄却された場合、被告側は控訴できない)、この裁判の本質である憲法判断を行うというのは、極めて作為的である卑怯な判決であるとしか思えない。

第一、地方裁判所のような下級審において高度な憲法判断を行うのは非常に問題があるのではないか?
実際、先日の田中真紀子の長女の出版差し止め審判で議論されたばかりではないか。また、この手の裁判で有名な訴訟として「津地鎮祭訴訟」や「愛媛玉串料訴訟」があるが、これらは最高裁判決ですらも賛成・反対があり意見が分かれている。そのような、政治的な憲法判断を下級審で下すのは、裁判官の政治思想が反映されるのみであり、法律論はともかく一般国民から見れば「越権行為」にしか見えない。決して下級審で軽々しく論じてはならない。天下の朝日新聞も、田中真紀子の長女記事の時はそのような論調であった。

ちなみに、この判決で喜んでいるのは社民、共産を始め、民主党内左派枝野幸男、中国、韓国などであり、逆に苦言を対しているのが民主党内保守系や自民党であることからも、この判決の含む意味合いという者が見えて来るであろうと思う。

せっかくなので最近マイブームな社説ネタ。朝日新聞さん、まさか社説で今度は「小泉総理は裁判所の判断を尊重し参拝を中止せよ」などとは言わないでしょうね?

言いたいことは他にも山ほどあるがきりがないので取りあえずここまで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.04.03

社説という面白い世界 その3

本日の産経新聞社説 国旗・国歌 本質をそらした朝日社説

産経の再反論キタ━━━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━━━!!!!

…でもちょっと不十分な内容だなぁ。
朝日の過去の社説を取りだして、過去との矛盾を顕在化したのはナイスだけどね!(・∀・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.02

社説という面白い世界 その2

本日の朝日新聞社説 国旗・国歌――甲子園とは話が違う

連日キタ─wwヘ√レvv~(゜∀゜)─wwヘ√レvv~─ !!
ついに火病ったか?

この社説に反論するのには時間も勿体ないし俺ごときが反論したってしょうもないのでやめておきますが、一言だけ書くと、この社説は「ここまでに至った経緯と背景をまるで無視」しているのが最大の欺瞞。

取りあえず明日明後日の読売・産経の社説やコラムに期待だね!
(・∀・)ニヤニヤ

無視される可能性もあるが(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.01

社説という面白い世界

3月31日の社説でビクーリ。
朝日新聞社説 国旗国歌――起立せずで処分とは
読売新聞社説 [国旗・国歌]「甲子園では普通のことなのに」

そして翌日4月1日
朝日新聞社説 社説――比べて読めば面白い

朝P、必死だな(w

注1:夏の甲子園の主催社は朝日新聞社です。
注2:4月1日はエイプリルフールです。(笑)
注3:筆者は読売社説を全面支持します。(←これはエイプリルフールと関係なし)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧